サッカー日本代表になるまで・なってから・なった後・Jリーグにユース・ナビスコ・ACLサッカー情報追っかけます!サッカー選手追っかけます!気になるサッカーニュース情報を日々収集お届け:読書レビューにドラマレビュー好きなものなんでも追っかけます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【向日葵の咲かない夏】

DSC_0053.jpg

初めて読んでみた、道夫秀介の作品
「向日葵の咲かない夏」
2011年直木賞を受賞作家さんで、この作品は、2006年のもの。

小学校4年生のミチオが主人公。
夏休みに入る前に、休んだ生徒のところへ担任の先生から
届け物をするように頼まれたミチオ。

その休んだ生徒、S君の家で見た光景は!!!!!

しかし、なんで、このS君は、ずっとS君なんだろう?
妹は、ミカって名前がちゃんと出てくるし
二人の兄弟が信頼する、トコおばあさんも、ちゃんと名前がある。

ミチオくんの、家族は・・・
特に、母親が、壊れ気味。
ミチオくんには、かなりつらくあたってるし
家の中も、相当なもの。

でも、それには、深い深い理由があった。

S君が、再び、ミチオの前に現れたとき、
その姿は、なんと、蜘蛛!・・・・!
しかも、喋る。

3歳だという妹のミカが、これが、とても大人びてて
とても理解力も思考能力もしっかりしていて
この状況も飲み込んでるんだよね。

S君は、殺されたのか、自殺なのか。

そして、その事件を解明しようとミカとミチオ、
果たして、真相を突き止めることが出来るのか。

地域で起きている、不気味な犬、猫の変死体。
その事件と、この事件の関係は、なんだったのか・・・。

小4とは思えないような、ミチオとS君の想像力や考え方。
もう少し、学校でも、うまくやれたらよかったのに。この二人。。。

S君の近所に住む老人、学校の担任の先生。
事件の真相に関係があるのか、どうなのか。

ただ、最後のどんでん返しは、ちょっと重たい。
ポチっと↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2011-05-28 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop

【東日本大震災「無名の戦士たちの記録」】

DSC_0042.jpg





DSC_0041.jpg

ふだん、読んだことのない「文芸春秋」。
ちょっと読んでみて。って渡されたもの。

先日4選を果たした石原都知事の文章もある。
マスコミでは、会見をしても、インタビューされても、切れ切れの編集をされ
肝心の伝えたいことを、マスコミの操作によって、
どうにでも捻じ曲げてしまうことができるので
こうして、1つの文章として読めることは大事だと思う。

そして、その後に載っていたのが 麻生幾の「無名の戦士たちの記録」
これが、とても印象深かった。
日本国民なら、誰もが承知している政府の無能さ、
菅総理大臣の指導力のなさ。

しかし、いち早く動いて戦線にたっていた人物は、たくさんいる。
それを小説のように(フィクション小説か?)書かれている。
原発冷却のハイパーレスキュー隊や、自衛隊、消防隊たちの詳細な行動。
その指揮系統が、これまた誰もが承知のとおり政府では統一されておらず
最前線では、いち早く陸上自衛隊中特防の素早かったにもかかわらず
指揮系統が統一されていないために、さまざまな障害が起きていた。

ただ怒鳴り散らすだけの海江田経済大臣
管轄外である、あらゆる指揮をとりはじめたのだという。
官僚除外を告知している民主党は、とにかく現場の状況を把握することはまったくせずに
「早くしろ!水をまけ!」
そして、メディアでも報道された例のアレ「早くしろ!もたもたしていると処分するぞ!!」
そこにいたるまでの呆れた海江田命令が、細かく書かれている。
現場に命を賭す過酷な命令を下しながらも、その責任をとるのは、各組織の司令官であり
海江田ではない。


そんな民主党の官僚不在の、各省庁の事情もわからず
ただ、怒鳴り散らすだけの政府にたいし、冷静に行動した人たちがいてこその今があると。

防衛官僚幹部は、原発、最前線の4号機前に自らが立ち
放射能レベルが下がっていることを確認して自衛隊消防本部を説得した。


東北地方整備局企画部防災課長 熊谷順子さんの、3月11日、最初の揺れを感じたときに
宮城沖地震の恐怖を知っている防災のスペシャリストのいち早い判断により、
ヘリを飛ばし、現地の被災状況を把握していった。
そこから映し出される想像を絶する現状。

世界が「マジック」と証した、東北の道路の回復の早さの影にあった「啓開チーム」とよばれる
災害時に、「道」を通すこと。
しかし、今回に限っては、それが、これまでとはまったく違った事態だったこと、
ガレキをパワーシャベルで蹴散らしながら、道を作っていくのだが
阻まれた道のガレキが普通ではなかったこと。
そこには、ガレキに埋もれて「人」がたくさん・・・

災害時に、各県庁所在地、市町村、災害対策本部への連絡がいち早くなされるはずが
三陸の方面から無事を知らせる情報のみで、海沿いからは一切報告がなされなかったこと
などなど・・・・・・

遠い昔、大津波がやってきたときに立てられた石碑。
そこに書かれた文字。

この大災害、大震災を、絶対に忘れてはいけない。
絶対に語りついでいかなくてはいけない。
この名もなき戦士たちの記録を読むと知りたかったことが、凝縮して書かれていた。


驚いたのは、阪神大震災のとき、総理大臣だったのは、村山さん(社民党)ということ。
政権がガタガタして、もめていると、大地震が起きるといわれているんだって
と、友人に聞いたことがある。
もしかしたら、本当なのかもしれない・・・・・。
安定した国家。
有能な官僚といかにタッグを組んで、良い国を本気で作っていこうと一丸となったときに
日本が安定するのかもしれない



2011-04-16 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop

【すれ違う背中を】

DSC_0028.jpg

【すれ違う背中を・乃南アサ】

これは、「いつか陽の当たる場所で」の、続編。
ムショ帰りの、芭子と綾のその後。
こちらは、短編になっている。

なので、前作よりも、ちょっと物足りない感もあるのだけど、
芭子の、やりたい事が見つかって、それが、とても好きなことで
自立の第一歩を確実に歩んでいく成長過程が、ものすごくよく分かる。
綾も着実に夢を現実のものにする努力を怠らず、頑張ってるのが分かる。

だいぶシャバになれた二人は、生活もだいぶ安定し、
色んな人との出会いもあって。
その出会いが、また、色んなことを繰り広げ。

綾さんの焼いたパンの香りが、ほわ~っとしてきそうなシーン。
芭子の作ってる服が思い描けたり。

絶対に、あそこには戻らない!という強い決意をしながら生活する二人。
普通のことが、普通って思える幸せをかみしめて支えながら生きてく二人。
きっと、すごく良いことが二人には待ってるんじゃないかと思う。

2011-03-24 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop

【八日目の蝉】

DSC_0022.jpg

これは面白かった!!!
大絶賛だ!!

確かNHKでもドラマ化されてたのだけれど
キャストが魅力なかったので、見なかった。
だけど、角田光代の描く女性は、とても興味深いので
映像よりも、やっぱり原作だ!と。
ちょうど、文庫化されたし。

平凡に、それほど目立つことなく育った希和子。
職場で出会った、地方から抜擢されて東京へとやってきた営業マンと
恋におちる。
しかし、妻帯者だった。
いつしか妻と別れる日を夢見るようになり
そう思わせた男のズルさもさることながら・・・
ついに離婚することはなく。

離婚どころか、子供が出来たことを知るのだ。
一目、赤ちゃんを見てみたいと、
男の家へと、通ってた希和子(ストーカーなみな行動力だ)
夫婦が駅へと車で出て、赤ちゃんを置いていくのを見計らって
家の中へ・・・・

赤ちゃんの顔をみたとき。
赤ちゃんの肌に触れてしまったとき。

希和子は、ものすごい母性をくすぐられちゃったのかな・・・。
そこから、逃亡劇が始まる。

その1つ1つが、とてもリアルで、
地名もそうだけど
とてもじゃないけど、赤ちゃん連れて、遠くへ遠くへと電車を乗り継いでいくのは
大変なことなんじゃないかと思うけれど。
薫と名づけた、その赤ちゃんは、
まるで希和子のそばにいたいかのように、
おとなしかったり、笑顔をふりまいたりするのだ。

そしてたどり着いた小豆島での暮らし。
文字から入ってくる、光と水と、緑。
見たことないのに、鮮明に想像力をかきたてる。

このまま、平穏な暮らしがあっても良いんじゃないかと錯覚さえしてしまう。。


そして、物語は、後編へ。
薫がどうなっていくのか。

ラストには、こうあってほしい!!と、
ドキドキしながら、妄想しながら、一気に読みふける・・・・

小説というのは、こういうラストがあるからステキなんだな~と
心打たれた。。

2011-03-01 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop

【東京島】

東京島
「東京島:桐野夏生」

ううううーーーーーーん・・・・
とても話題になって、映画化もされた、この小説なのだけど。

どうにも、作り話だからと、共感できるものも
夢もなく。
そこに、自分がいるような移入も、まったくできず。

なんせ、漂着した島に、30人の男と一人の女っていう設定は
すごく面白いんだけど、
その残された男性たちに、あまり魅力がなさすぎる。
弱っていたとしても、もっと人間味あふれるような描写があっても良いのに。って。

また、独特の言葉を使っているのだけど
シブヤだのオダイバだの、
固有名詞だけでなく、ほかにも。
それも、なんだか、共感できなくて、面白くないし。

たった一人、残された女性は、46歳の女性なんだけど、
どうしても、木村多江さんの顔が、やっぱり浮かんできちゃうし。
そこに描かれている女性像と、木村多江さんとは、あまりにかけ離れているし。

その、残されたたった一人の女性にも、
あまり共感できるものや、魅力も感じられない。

最後、いったいどうなるのか。
なんで、そうなったのか。
で、結局、なんだったのか。

あまり私は好きなストーリーでは、なかったかな。
エロを描くのなら、もっと徹底的に、そこを描ききってもほしかった気がするし。

2011-02-16 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop

【成功のコンセプト】

成功のコンセプト

いわずと知れた「楽天」社長、三木谷さんの著書。

これ、2007年に書かれたものらしいんだけど、
ちゃんと、目指してこと、目標としてることを明確に
突き進んでいるんだな~と思う。

こういう成功者っていうのは、本当に大好きなことを仕事にし、
次々と自分で設定するハードルも、楽しくこなしながら越えていき
それが、大きな成果として、結果が出るという
ごくごくシンプルなのだということに
また確信を持ってしまった。


2011-02-16 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop

【いつか陽のあたる場所で】

いつか

これは、とても新しいストーリーの小説!
芭子と、綾香は、とても仲良し
年はひとまわりほど離れているけれど。

実は、この二人は、刑務所で知り合った関係なのだ。

刑務所の中での厳しさなども織り交ぜながら
法を犯したことによって、失ったものの大きさや
更生しても、なお自分の過去に怯えて生きなくてはいけない現実。

それでも、前へ前へ、少しづつでも進んでいこうとする二人。
いつも、明るく、能天気な年上の綾香も
本当は、とてもつらい思いもしていることや、
芭子の弟が9年ぶりに、目の前にあらわれ
さらに受け止めなくてはいけない「現実」を突きつけられながらも
弟の手紙には、とてもとても胸が熱くなった。

芭子たちが住む町並みも、とてもいい下町の情景が浮かんで
季節感あふれていて、引き込まれるし。

経験することのないシチュエーションなだけに、
興味深く、とても楽しめる小説だった

いつか陽のあたる場所で (新潮文庫)
2011-02-12 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop

【証し】

DSC_0016_20110127141038.jpg


【証し:矢口敦子】
3年寝かして読んでみた「償い」が、とてつもなく面白かったので
つづけて、矢口敦子の「証し」を読んでみた。

主人公は、二人の女性。

なんていうか、
女は、子宮でモノを考える。ってよく言われるけど
まさに、そんな感じの小説。

アメリカで卵子提供をして金をえた木綿子
その後は、資産家と結婚し、とてつもないセレブな生活を送る。
しかし、未亡人となり
病気になってしまった木綿子は、
卵子を提供したことを思い出す・・・・


シーンかわって、やはりセレブな生活をしていた絹江だが
旦那が急死したことで
すべてを捨て、子供とアパートで、ひっそり暮らすようになる。
そこで起きた、息子の事件。
その息子をめぐって出会う二人の女。

とてもスピード感があって、次々読めて、読みたくて仕方なくなるんだけど。
最後の最後が
ちょっと悲しすぎるかな・・・

しかし、大好きなミステリー。
夢中にさせてくれた1冊。
ただ、男性が、こういう小説を読むと、どんな感想を抱くんだろう???と
ふと思った。







2011-01-27 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop

【6時間後に気には死ぬ】

6時間後に

6時間後に君は死ぬ・高野和明

これは、短編なのだけど、
同じ人物が、共通して、現れる。

山葉圭史。
他人の「ビジョン」が見えるのだという。

元々、短編小説って、消化不良な薄い感じがして
あまり好きじゃないのだけど、
この小説は、とてもとても、面白かった。

突然声をかけられた25歳、バースデイ間近の美緒。
圭史に、君がナイフで刺されるところが見えた。
と言われ・・・

続く緊張感。
最後のどんでん返し!!
ほぉ!!

次に、脚本家を目指す未来。
その目の前に現れた女の子の正体は!!

ダンサーを目指しす美帆。

などなど、圭史が、主人公に、どう関わるか
まったく違って描かれているのが、また面白い。
そして、最後に、最初に出てきた美緒が再登場。
果たして、自分で自分のヴィジョンは、見えるのだろうか???



2011-01-08 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop

【万能鑑定士Qの事件簿Ⅳ・松岡圭祐】

Image7351.jpg
ついに、万能鑑定士、凜田莉子と、カウンセラー嵯峨の夢のコラボが!!

次々おこる火災事件。
1つのポスターを狙った火事。。

警察からの依頼を受け、
一緒に事件を追うこととなる莉子と嵯峨

莉子のキャラが、本当によくなってきているし、
とても魅力的に描かれている。

Ⅲは、音楽
そして、Ⅳは、映画にまつわる話だったり、怪盗だったり?
暗号なんていうのも出てきたり。
すごくテンポよく展開し、さくさく読めて面白かった


ん~
大事な部分は完璧なネタばれになっちゃうから、いえないし。
大どんでん返しが、新しくて良かった。
でも、ええ、そっち?????って、疑問も。

今後も嵯峨は、登場するのだろうか?????


2010-12-09 : 読書レビュー : コメント : 2 :
Pagetop

【償い・矢口敦子】

Image722.jpg

ずいぶん前に買ったまま、読まずに置いてあった本。
ツタヤを物色していたら、
アナウンスが、しきりにこの小説を勧めていて、読んでみよう~と釣られた


なかなか、読むチャンスがなくて
なかなか、読もうと思うことがなく、2年くらい過ぎたかも^^;

ついに、読み始めた

ら、
ら、ら!!!


なんと引き込まれる。
驚くほど、引き込まれ、のめりこみ、移入しまくり、
ついには、自分が、主人公、日高と一緒にホームレスの生活を送っている錯覚に陥った。

ここまで、感情移入できる小説は、久しぶりで
最後まで、読まずにはいられない小説だった。


日高は、有能な脳外科医だった
大学病院の教授を目指し、熾烈な出世競争でも戦っていた。
が、そんなさなかに、子供を病死で亡くししてしまう。
それを妻のせいだと攻め立てたと、自分ではまったく気づかずに口に出た言葉。

すべてを無くして、
自分も無くそうと決意した、日高は、ホームレスになるのだ。

しかし、やっぱり、優秀な人は、どこにいても優秀で
どこに行っても、底辺へと落ちていっても、誰かに認められるものなんだと
やっぱり、この小説からも教えられた。

火事を偶然、目撃し、近所の家に通報をしてくれ!と飛び込んだ日高は、
その風貌から、第一発見者から、重要参考人へと警察では扱われてしまう。
が、そこで取り調べを行なった刑事、山岸と会話をしていくうちに
ただものではない。と、山岸は感じたのだね。

そして、日高の行くところに何故か、犯罪あり。

ホームレスを選んだ、その町は、唯一、日高が純粋に命を救った幼児との出会いのあった場所
その地で再会した、少年、
その少年をとりまく背景。

やがて、色んなものが、すべて線として繋がったときに!!

ああああああああ~~~~~
面白かった!!!

償い (幻冬舎文庫)
2010-11-22 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop

【白銀ジャック・東野圭吾】

Image721.jpg

すっごく面白かった!!

あああああ!!!っというまに読めたし。
まったくウィンタースポーツには、うとくて
スキーは、オリンピックのときに、ちょっと見るくらいなんだけど
この小説では、ゲレンデの景色や、
スキーで滑り降りていく様子なんかも
3Dのごとく、アタマの中で、次々思い描けていくほど。


スキー場で働くスタッフたちのストーリー。
スキー場で起きた、不幸な事故。
スキー場にやってくる、さまざまな人々
スキーや、スノボーを楽しむ人たち・・

そこに、スキー場に爆発物をしかけたと脅迫が。
犯人は、いったい!!!
身代金を運ぶスタッフ
犯人の尻尾をつかまえたいパトロールのスタッフ

登場人物が多いけど、分かりやすかったし
最後まで、ミステリーにのめりこんでいける
久々の東野作品だった!!
やっと大満足な新作だった。しかも、いきなりの文庫

これは、ドラマ化できそうな位に、
色んな俳優、女優さんの顔が読みながら、思い浮かんだな~

白銀ジャック (実業之日本社文庫)


2010-11-19 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop

【ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣】

Image720.jpg

最近、この手の自己啓発みたいな本に、すごく惹かれる・・・^^;

この本は、夏に本屋さんで、立ち読みをして
ググっと、心に残った本だったのだ。
なので、もう一度、目に入ったときには、呼ばれた気がして、買った。


世の中の、たった3%の人が成功者と呼ばれる。

けれど、そのたったの3%の人たちの習慣には、共通したものがある。

その習慣を、ちょっと真似してみただけで
もしかしたら、人生って、大逆転するのかも!

ペンを持つ
メモを取る
相手の話をさえぎらない
おうむ返し
自慢話をしない
姿勢をよく


などなど、今すぐにでも、やろうと思えば、やれることもたくさん。
だったら、なにごとも
やってみよう!
心がけよう!と思う。

眉間のシワ・・・とかね。

ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣

2010-11-13 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop

【万能鑑定士の事件簿Ⅲ ・松岡圭祐】

Image719.jpg

とても、とても面白かった!!
このシリーズが出て、そく、Ⅰ、Ⅱと、Ⅱ冊買って読んだんだけど
期待していたほどじゃなかったので
Ⅲからは、どうしようかと思ったんだけど。
買って読んでみて、良かった!

Ⅰ、Ⅱよりも、ぐっとテンポアップしているし、
小笠原(記者)のキャラも、気になるほど、うっとうしくなくなってるし
莉子のキャラも、安定してきていた^^;

何しろ、事件が面白かった。

超人気ブランドの店、カリスマモデルが経営しているブティックの売り上げが
減少していく、
そこに、脅迫。
なんと、BGMに細工された、客の減る方法。

元、超売れっ子だった音楽プロデューサーって
小室と、だだ被りだけど
音にまつわる事件というのが新しいし
莉子の優秀さが、今回は、それほど鼻につかないように描かれているのが良い。


ブレがなく、とても丁寧で良かった
一気に読めた。
これならⅣから、続けて、また読まなくては!!
さすが松岡圭祐だ!と思った1冊だった


  
2010-11-13 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop

【願いがかなう100の方法・佳川 奈未】

願いがかなう

佳川 奈未の本は、とても明るい気持ちになれて
すべての思考をポジティブに変換することができる。
同じことでも、角度の違った思い込みで、
物事は、プラスにもマイナスにもなりえるのだと思う
だったら、この人の書いているように
どうせなら、プラスの方向に考えて、願いがかなうようにしたほうが良いに決まってる。

そんな日常的な、単純なことが
出来るか、できないかで、ぜんぜん人生は変わってしまうに違いないと思う。
いつでも、そばに置いておきたい1冊になった


今日から開運!願いがかなう100の方法―すべてがうまくいく!ラッキーブレイク習慣

2010-11-13 : 読書レビュー : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

スポンサードリンク




★日本代表・Jリーグチケット情報★

サッカーのチケットは!



チケットぴあ


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー情報へ

サッカー選手





シーズン情報

最近の記事

PR



 


プロフィール

ちゃめ

Author:ちゃめ



サッカー日本代表、代表になるまで
Jリーグ・ユース日々書き続けマス
サッカー観戦レポ・動画
サッカーニュース情報を集めてお届け
大好きな本やドラマ、音楽も♪
「ドラマレビューブログ」はじめたよ♪











ブログランキング・にほんブログ村へ



旅?出張?アウェー観戦?

【ホテルクラブMy Link】

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

 

Twitter

カレンダー♪

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

◆動画について◆

当サイトは、YouTubeなどの共有サイトで閲覧できる
各サッカー動画を紹介しています。
各動画のアップロードや、
それを推奨、援助する行為は
一切行なっていません。

動画、音声など著作権物に関しては
すべて著作者、団体に帰属しています。
動画のアップロード、削除などは、
直接、各動画サイトへお願いいたします。
紹介記事に不適切がありましたら、
対処いたしますのでお知らせください。
リンク切れ、削除済みなどはご了承ください。
尚、視聴、閲覧は各自の責任にてお願いいたします。

◆リンクについて◆

リンクはフリーですが、その際には
コメント欄にてお知らせくださいませ。
公序良俗に反する目的を有するリンク
商用使用を目的とするリンクは
固くお断りヨ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。